2015年の敬老の日はいつ?

2015年の敬老の日はいつ?

2015年の敬老の日は9月21日(月)です

 

 

敬老の日とは?
敬老の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としているそうです。
今でこそ祝日という一つのイベントとして確立されていますが、敬老の日は江戸時代や明治大正や昭和初期の時代には無かったんですね。プレゼントという単語はさすがに明治大正昭和初期に使われていなかったと思いますが、お世話になった長老や両親に贈り物を贈ったりする習慣は敬老の日という祝日が定められる前からもあったのではないかと思います。
江戸時代に人気の贈り物は何だったんでしょうね?明治大正に贈られていた贈り物は江戸時代と同じだたのでしょうか?違うとしたら何が人気の贈り物だったのでしょうね?昭和初期は?あれこれと考えていると贈り物ってただモノをあげるのではなくて、そこに贈る人の気持ちが込められるところがとても素晴らしい習慣だと思いますし、日本人では当たり前ですが、外国の習慣はどうなんでしょうね?
なかなか奥が深いですね。
昔のみなさんも贈り物を選ぶときには色々と迷ったりしたのでしょうか?敬老の日はコレで決まり!みたいなド定番商品があったのでしょうか?
においであるとか手触りはわからないけれど、インターネットを使って遠くの場所にあるお店であっても注文ができますし、場合によっては送料無料で全国発送なんかもありますので大変便利な時代になりました。
2002年(平成14年)までは毎年9月15日を敬老の日でしたが、2003年(平成15年)からは9月第3月曜日となったそうです。
なお、敬老の日を第3月曜日に移すにあたって、高齢者団体から反発が相次いだため、2001年(平成13年)に老人福祉法第5条を改正して9月15日を老人の日、同日より1週間を老人週間としたそうです。
(WIKIペディアより引用)