敬老の日のはじまり

敬老の日のはじまりは?

1947年「としよりの日」が始まり

 

 

 

敬老の日のはじまりは?
昔から現在のようにプレゼント(贈り物)を贈ったりしていたことは無かったそうですが、敬老の日が始まった当初は年長者の貴重な知恵を拝借し良い村作りをしよう!という意味合いで敬老会という名で始められたとのことです。
現代は村社会というつながりが少なくなり、都市部を中心に核家族化が進み、敬老の日のお祝いが始まった当時の村単位でのお祝い行事という催しよりは家族単位でそれぞれのおじいちゃんおばあちゃんに感謝の贈り物を贈る習慣として根付いています。
敬老の日に贈る物も特に決まりはないため、年に一度のお祝いということで高級和菓子やスウィーツ、高級松阪牛やお酒・焼酎なんかがよく売れているそうです。
贈って喜ばれる敬老の日人気プレゼントでは、みんなが贈り物に選ぶときの平均価格帯の3,000円以上5,000円未満の商品を中心にまとめて厳選しました。商品により全国送料無料や即日発送等お得なモノもありますので便利ですよ。
兵庫県多可郡野間谷村(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長(のち兵庫県議会議員)と山本明助役が1947年(昭和22年)に提唱した「としよりの日」が始まりだそうです。
「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、従来から敬老会を開いたそうです。これが1950年(昭和25年)からは兵庫県全体で行われるようになって、後に全国に広がったそうです。その後「としより」という表現は良くないということで1964年(昭和39年)に「老人の日」と改称され、翌年に野間谷村からの政府への繰り返しの働きかけもあり、国民の祝日「敬老の日」に制定されたとのことです(「こどもの日」「成人の日」があるのに敬老の日がないのはおかしいと声を上げ続けたという)。
みなさんおなじみの「母の日」って実は日本国外から輸入された記念日らしいですね。でも敬老の日は日本以外の国にはないそうです。ただし、五節句のひとつである9月9日の重陽と主旨が類似している。

 

「聖徳太子が四天王寺に悲田院を建立した日」や「欽明天皇が養老の滝に御幸した日」である等の俗説もあるが、どちらも確かではない。
(WIKIペディアより引用)